<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=976733389052083&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

【2019年6月更新】UGCを上手に活用したInstagram企業アカウント事例10選!+活用方法も解説!【クリエイティブテック・ノウハウ公開】

2019.06.17

現在、多くの企業が、Instagram企業公式アカウントの運用に「Instagram上のUGC(※1)」を活用することで、よりユーザーとの交流を深め、高いエンゲージメントを獲得する成果を上げています。

日々の投稿素材の「量」を確保できるだけでなく、ユーザーから求められる「質」の高いコンテンツともなり得るUGC。上手く活用することで、Instagram企業アカウントの運用をグッと楽に、かつレベルアップさせることが可能です。

今回は、「Instagram企業アカウント運用へのUGC活用」に初めて取り組む方に、実施のための3つのステップと、上手に活用している事例10選をご紹介します。今注目の「クリエイティブテック(※2)」推進のためのノウハウの一つとして、ぜひご参考ください。

(※1)UGCとは:
UGC(User Generated Contents)とは企業ではなく、一般ユーザーによって制作・生成されたコンテンツのことを言います。 最近はInstagramなどSNSに投稿された写真や動画などが UGCとして注目されています。
(※2)クリエイティブテックとは:
クリエイティブとテクノロジーを掛け合わせた造語です。バナーデザイン、ウェブサイト、広告テキスト等、全ての顧客接点におけるクリエイティブを、ユーザーファーストで価値あるものに、より少ない工数で変革するための「テクノロジー」や、それを提供するサービス・企業を指します。これからのデジタルマーケティングにおける新たな潮流として注目されています。さらに詳しい説明はこちら →https://www.aainc.co.jp/service/letro/article/2019/creativetech.html

Instagram投稿画像

【無料ダウンロード】
「Instagram口コミ活用スタートガイド」はこちら

UGCをInstagram公式アカウントの運用に活用するメリットは?

現在、多くの企業が、Instagram公式アカウントの日々の投稿にUGCを活用し、ユーザーとのエンゲージメントを大きく向上させる成果を上げています。UGCを活用する主なメリットに、以下の3つが挙げられます。

メリット1:UGCを活用することで、日々の投稿の「質」を上げられる

SNSは、あくまでユーザー同士が好きなものとつながり、ほしい情報を集める場所であり、決して、企業の広告を見に行く場所ではありません。パーソナルスペースに企業がおじゃましているという感覚を持つことが、まずはとても大切です。

Instagram公式アカウントの運用で成果を上げるためにもっとも大切な点は、フィードにおいて、他のユーザーの投稿と並んでも違和感のない「フィードに馴染むクリエイティブ」を使うことです。

企業アカウントの投稿には、パンフレット用の素材や、従来よりディスプレイ広告用に使っていた素材を利用しがちですが、そのような投稿は「広告っぽい」とみなされてしまい、ユーザーから嫌煙されたり、エンゲージメントも伸びにくい傾向にあったりします。

UGCは、ユーザー自身がSNSに投稿したクリエイティブであり、自然と「フィードに馴染むデザイン」になっていると言えます。

メリット2:UGCを活用することで、日々の投稿の「量」を確保できる

Instagram公式アカウントの運用で成果を上げるために、定期的に投稿すること、そして投稿のハッシュタグを通じて新規のユーザーにリーチし続けることはとても重要です。しかしながら、多くの企業が、日々の投稿素材不足、ネタ切れに悩んでいます。

UGCは、これらの悩み:日々のコンテンツ不足の解消や、定期的な投稿の実現に大いに役立ちます。投稿頻度を増やすことで、様々なハッシュタグを試し検証を進めることができるため、より運用の精度を上げ、効果を得やすくなります。

また、ユーザーがすでに投稿してくれているコンテンツを活用するため、企業側のコンテンツ制作コストや、人的リソースの大幅カットにも繋がります。

メリット3:UGCを活用する過程で、ユーザーとのコミュニケーションができる

自社に関連するUGCを投稿してくれているユーザーは、基本的にはブランドへの好意度が高い方が多いため、UGC活用に関する許諾確認を通じてコミュニケーションが生まれ、ロイヤリティの向上に繋げることが期待できます。

UGCをInstagram公式アカウントの投稿に活用しよう
STEP1:UGCを収集/ユーザーからの許諾を取得しよう

では、ここからは具体的に、どのようなステップで、Instagram公式アカウントへのUGC活用を進めていくかをご紹介します。

まずは、Instagramを開き、検索窓に自社の会社名、商品名などのキーワードを打ち込み、自社に関連するハッシュタグを付けた投稿を表示させます。その中から、日々の投稿素材に活用したいものを選んでいきましょう。

UGCをInstagram公式アカウントの投稿に活用するためには、投稿したユーザーからの許諾取得が必要です。

・企業アカウントからInstagramコメント欄にDMやコメントで直接書き込みする
・UGC収集機能がある専用ツールを用いる

などの方法があります。大量のUGCの許諾申請・管理をする場合には、ツールの利用がお勧めです。ツールを活用することで、緻密な作業を効率よく進めることができます。ツールを選定する際には、それがきちんとInstagramのポリシーに則ったものであるかに注意が必要です。

UGCツール Letro

UGC活用ツール「Letro」を使えば、一つひとつの投稿に個別投稿する手間を省けることに加え、
都度、各ユーザーから承諾されたかを投稿毎に確認しにいく工程も不要。

もし自社に関するUGCが少ない場合には、ぜひ日々のInstagram投稿の中で、「自社に関するハッシュタグ付の投稿」をしてもらえるように働きかけましょう。

また、短期的/中・長期的にUGCを生成するための施策を打つことも有効です。短期的にはサンプリングキャンペーンやモニターの活用、中・長期的には、商品に同梱するレターや顧客向けのメールマガジンなどでハッシュタグ投稿を促進する、などの方法が考えられます。

STEP2:UGC素材を、様々な投稿素材に活用しよう

日々の投稿素材として、UGC素材を活用します。日々のフィード投稿だけでなく、ストーリーズ投稿、ShopNow機能とからめた投稿など、様々なパターンのフォーマットで活用してみましょう。

POINT!UGCをそのまま活用するだけでなく、アレンジしてみよう

UGCをそのまま投稿素材にするだけでなく、UGC上に、Instagramらしいテキストや加工を重ねて活用することもお勧めです。

Instagram UGC活用

ダイレクトテレショップ【キッチン部】Instagramアカウントでは、UGC画像の上に手書き風のテキストや
ハッシュタグを付けることでストーリーズに馴染ませながらもユーザーベネフィットを訴求している

STEP3:効果検証しよう

効果測定し、日々の投稿内容の改善に役立てます。豊富なUGCを活用し、素早くPDCAを回すことで、いち早く「ユーザーに求められているコンテンツ」を見つけましょう。

効果検証には、Instagramアカウントのインサイト機能や、UGC活用のための専用ツールを用います。

【無料ダウンロード】
「Instagram口コミ活用スタートガイド」はこちら

UGCをInstagram公式アカウントの運用に上手に活用している事例10選

・iiicake.jp(株式会社FLASHPARK)

Cake.jp(iiicake.jp)は日々の投稿にUGCを活用、ShopNow機能とも連携させています。UGCを活用することで、Shownowに連携させた投稿を頻回に行うことが可能となり、結果としてInstagram経由の自社サイトへの流入を大幅に増やしているそうです。

UGC活用事例:
【UGC×ShopNow】ショッピング機能活用で新規セッション数が7倍にしたノウハウとは?

株式会社FLASHPARK UGC活用

・kirin_brewery(キリンビール株式会社)

キリンビールは、#きょうのキリン などのハッシュタグ投稿を促し、そのUGCを日々の投稿やストーリーズ投稿などに活用しています。UGCを提供してくれたユーザーに@のメンションを付けて投稿する、感謝のコメントを述べるなど、ユーザーに喜んでもらえる様々な工夫が施されています。

UGC活用事例:
【キリンビールの公式Instagram運用術】UGCの活用でエンゲージメント率135%

キリンビール株式会社 UGC活用

・sjnk_official(損害保険ジャパン日本興亜株式会社)

損保ジャパン日本興亜はオリジナルキャラクターのジャパンダを軸に、UGCを活用したInstagramアカウントを運用しています。
キャンペーンで集めたUGCにジャパンダの画像を合成したオリジナルコンテンツを作成。バラエティに富んだジャパンダのスタンプや画像は、ターゲットの中でも特にママ層から話題を呼び、フィードやストーリーズでの投稿を通してブランドの認知と想起を促しています。

損害保険ジャパン日本興亜株式会社 UGC活用
詳細はこちら:
https://www.aainc.co.jp/news-release/2018/01794.html

・jillstuartbeauty_likes(株式会社コーセー)

UGCの活用を検討しながらも、ブランドイメージの保持などが障壁となり、なかなか踏み切れないとお悩みの企業は少なくないと思います。
コスメブランド「JILL STUART Beauty」は公式アカウントの他に「公式リポスト専用アカウント」を設け、商品写真を投稿しているユーザーの写真をリポスト形式で紹介しています。
運用リソースはかかりますが、通常の公式アカウントと差別化をし、ブランドイメージを保ちながらファンとのコミュニケーションを促している運用事例です。

コーセー UGC活用
JILL STUART Beauty 公式 リポスト専用:
https://www.instagram.com/jillstuartbeauty_likes/?hl=ja

・ana.japan(ANAホールディングス株式会社)

航空会社のANAの公式アカウントでは、旅の思い出を投稿する #ANA_タビキブン、ANAの飛行機を撮影した #ソラマニ_ヒコーキ、機窓からの景色を投稿する #ソラマニ_マドカラの3種類のハッシュタグ投稿を促しています。
UGC活用を通じ、飛行機好きというコアな属性のユーザーとの繋がりを強化。同時に良質なコンテンツを効率的に投稿しているアカウントです。

ANA UGC活用ANA:
https://www.instagram.com/ana.japan/?hl=ja

【無料ダウンロード】
「Instagram口コミ活用スタートガイド」はこちら

・kankomie(公益社団法人三重県観光連盟)

三重県の美しい景色やインスタ映えをするスポットを紹介しているのは三重県観光連盟の公式Instagramアカウントです。三重県という広範囲の写真を常時撮影していくのは、大変なコストとリソースがかかります。その他の媒体や施策で使用した画像の流用も可能ですが、全ての素材がInstagramのフィードに馴染むものであるとは限りません。
三重県観光連盟のアカウントでは、#kankomieで投稿されたUGCを活用し、フィードに馴染む良質な投稿を安定的に行なっています。

三重県観光連盟 UGC活用【公式】観光三重(三重県観光連盟):
https://www.instagram.com/kankomie/

・akachanhompo(株式会社赤ちゃん本舗)

ベビー・マタニティ用品のチェーン店アカチャンホンポの公式アカウントでは、指定ハッシュタグをつけて投稿された写真や動画を投稿に活用しています。
UGCを提供したユーザーを投稿にタグ付けし、それぞれに丁寧なコメントを加えることで、ユーザーからの好意的な返信が発生。活発なコミュニケーションが生まれているアカウントです。
また、UGCを活用したカルタや店頭で放映する動画の制作など、Instagram以外への活用方法でも独自性を発揮しています。

赤ちゃん本舗 UGC活用アカチャンホンポ:
https://www.instagram.com/akachanhonpo/

・lion_clinika(ライオン株式会社)

UGCを活用すると、投稿写真のトーンを揃えるのが難しく、アカウント全体の統一感がなくなってしまうという懸念もあります。
クリニカKid’sの公式Instagramアカウントでは、 #ごきげんはみがき で投稿されたUGCに、定型フレームをつけたオリジナルコンテンツを投稿。アカウントに統一感を与えています。

ライオン UGC活用クリニカKid’s【公式】
https://www.instagram.com/lion_clinica/

・kzemi_study(株式会社ベネッセコーポレーション)

月額で提供されるサービスなど、利用者との繋がりの強化が大切な商材のアカウントでUGCを活用しているのは、進研ゼミ高校講座の公式アカウントです。
実際に教材を使っているユーザーのUGCを応援メッセージと共にリポスト。メッセージのやりとりで利用者と積極的にコミュニケーションを行なっています。
また、こうした好意的なやりとりは、良質なクチコミとしても機能します。

ベネッセ UGC活用進研ゼミ高校講座@勉強応援垢:
https://www.instagram.com/kzemi_study/?hl=ja

・kitchhike(株式会社キッチハイク)

クチコミが重視される無形商材や新規業態のマーケティングでもUGCは有効です。
食べることが好きな人がつながる全く新しいコミュニティサイト「キッチハイク」のInstagramでも、UGCを活用したアカウント運用が行われています。
サービスの内容や様子、利用者の率直な感想など、UGCを活用した発信でサービスの理解を促しています。

キッチハイクUGC活用KitchHike:
https://www.instagram.com/kitchhike/

以上、今回は、Instagram公式アカウントの運用にUGCを活用するための3ステップと事例10選をご紹介しました。ぜひ日々の投稿の参考にしてください!

Instagramの口コミ活用スタートガイド Instagramの口コミ活用スタートガイド