記事一覧へ

【2021年度最新版】YouTubeのショート動画とは?メリットやコツも解説!TikTokとの違いは?

| | |

youtubeショート

おすすめお役立ち資料

Youtube企業アカウント運用の教科書

【保存版】YouTube企業アカウント運用の教科書

企業のYouTubeのチャンネル開設をお考えの方、企業チャンネルを運用している方向けに、チャンネル登録者数・動画再生数を伸ばすためのチェック項目をまとめました。

詳細を見る

YouTubeでも縦動画を投稿できるのをご存じでしょうか。
「YouTube shorts (ショート動画)」と呼ばれる機能がリリースされ、TikTokやInstagramのように短い縦動画を投稿可能です。
今回は「ショート動画がどのような動画か分からない」「ショート動画は取り組むべきなのか」といった疑問をお持ちの方に向けて、YouTubeのショート動画について特徴やメリット、投稿方法などを解説します。

【無料ダウンロード】YouTube企業アカウント運用の教科書
チャンネル登録者数・動画再生数を伸ばすためのチェック項目をまとめました。

記事を動画でサクッと理解

YouTubeのショート動画とは

YouTubeのショート動画とは、最大60秒までの縦型の動画を投稿・閲覧できるYouTubeの新しいサービスです。 現在リリースされている (2021年6月時点)のはYouTubeショートのベータ版で、スマートフォンからのみ視聴・投稿できます。

ショート用に投稿された動画はYouTubeアプリの「YouTube ショート」という部分から視聴可能です。

2021年7月頃にショート専用のタブが追加されたため、ショート動画への流入経路が一つ増えました。
YouTubeのショート動画は、通常のYouTubeの動画と同じく「高評価ボタン」「低評価ボタン」「コメント」機能もついています。

下画像は、YouTubeショートと表示されているYouTubeホーム画面です。

youtubeショートサンプル

特徴は、スマートフォン画面いっぱいに動画が表示され、スクロールすることで次の動画へとすぐに切り替わることです。 従来のYouTubeでは、ユーザーは動画のサムネイルを見て、興味のある動画をタップ・クリックし再生していました。

一方、YouTubeショート動画においてユーザーは見たい動画を選択する必要がなく、興味のない動画はすぐにスキップできます。

YouTubeのショート活用を検討している企業の担当者の方におすすめの記事はこちらです。

【実例で解説】企業のYouTubeショート動画|投稿アイディア4選!

TikTokとYouTubeショートの違いは?

TikTokは最大3分の縦型の動画を楽しめるアプリで、ByteDance社が開発・運営しています。

YouTubeショートとの主な違いは「アプリの導線」「ユーザー層」です。

TikTokのアプリの導線は、アプリを立ち上げた瞬間にフルスクリーンでまず動画が表示されます。
動画が気に入ったユーザーは、投稿者をフォローしたり、その投稿者の他のSNSアカウント (YouTubeやInstagram)に遷移したりします。

一方、YouTubeショートの場合、ショートタブを開かない限りショート動画は再生されません。ショート動画でチャンネルに興味を持ったユーザーは、すぐにチャンネル登録はせず、チャンネル内の他の動画を回遊し、チャンネル登録にいたるケースが多いです。

主なユーザー層も異なります。TikTokは若年層の利用がメインで、10代のうち57%が使用しています。 一方、YouTubeは全年代に利用されており、10代から40代の利用率は9割を超えています。

インスタグラムのリールとYouTubeショートの違いは?

リールとは、インスタグラムに新しく登場した機能で、TikTokやYouTubeショートと同じく縦型の動画を楽しむことができます。

YouTubeは「動画を見ることを前提に開かれる」ことに対して、インスタグラムは「フォローしている人の投稿を見る」「発見タブで面白そうなコンテンツを探す」「ストーリーズが更新されていないかをみる」といった風にアプリを開く動機が様々です。

インスタグラムの年代層別利用率は、10代が69%、20代が68.1%、30代が55.6%となっており、50~60代になると利用率は約3割以下に落ち込みます。

インスタグラムのリールに関して一番読まれている記事はこちら

インスタグラムのリール|知っておくべき活用のコツやメリットとは?

令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査
報告書
参考:情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査|総務省

YouTubeのショート動画に取り組むメリット

チャンネル登録者数が伸びやすい

YouTubeのショート動画は、不特定多数のユーザーにリーチします。その結果、動画やチャンネルを知ってもらう機会が以前より増え、チャンネル登録者数も伸びやすくなっています。ショート動画が利用できる前のYouTubeにおいて、チャンネル登録者数を伸ばすには以下のようなプロセスが必要でした。

  • ① VSEO対策などを重ねて、動画の露出回数を増やす
  • ② クリック率を改善して、動画の再生回数を増やす
  • ③ ユーザーの関連動画やおすすめに動画が載るための工夫をする
  • ④ 動画とチャンネルを覚えてもらい、ファンになってもらう
    ※チャンネル登録者を増やす方法の一部です

登録者数や再生回数の少ないチャンネルは、人気のチャンネルとの競争に勝つことが難しく、ユーザーに動画やチャンネルが認知されないという状況です。

ショート動画が解禁されたことで、チャンネル登録者数や再生回数に関わらず、多くのユーザーに動画を認知してもらえるようになりました。 登録者数が少ないチャンネルであっても、動画の内容がユーザーの関心とマッチすれば再生回数も増え、登録者数を伸ばすことが可能です。

気軽に投稿できる

YouTubeのショート動画は最大60秒と短く、難しい編集なしで気軽に投稿できるのが特徴です。

通常のYouTubeの投稿では、広告をできるだけ多くつけたり、チャンネルの総再生時間を増やしたりするために、5分~10分以上の動画を投稿するチャンネルが主流でした。

10分以上の長い動画を作るとなると、動画の内容によっては、プロ用の編集ソフトや長時間の撮影データが必要となります。一方、YouTubeのショート動画は60秒というルールがあるため、撮影・編集時間も削減しやすいです。

YouTubeショート動画を作る際のコツ3つ

1. 自然体でいる

YouTubeショート用の動画を撮影する際は、自然体でいることを心がけましょう。 YouTubeショート動画では、無作為でリアルな、手を加えられていない動画が喜ばれる傾向にあるからです。まずは、自分が気に入ったYouTubeのショート動画を分析し、自分のコンテンツの参考にしてみてください。

下の動画は、株式会社 藤岡林業のYouTubeショート動画です。 機械を使って木を切るリアルな様子が無編集で投稿されています。 高評価も1,300件以上獲得しており、再生回数は24万回を超えています。

youtubeショート動画サンプル

参考:高性能林業機械 ハーベスタ WOODY50 伐倒 造材 #Shorts|株式会社 藤岡林業

2.オープニングで引き付ける

YouTubeショート動画を見ているユーザーは、興味がないと判断した動画を次々とスクロールしていきます。

動画がユーザーに表示された最初の数秒で気を引かなければ、動画を最後まで視聴してもらうことができません。

自己紹介のナレーションを入れたり、その動画でこれから何が始まるのか期待させるような文言を入れたりといった工夫を施しましょう。

3.定番のストーリー構成を作る

YouTubeショート動画は短い時間で動画の内容を伝えなければいけません。
定番のストーリー構成を作ることで、ユーザーは動画の「つかみ➥クライマックス➥結末」といった展開を予測でき、その構成自体にファンがつく可能性もあります。

例えば企業のショート動画の場合、「撮影者が社長や上司に質問➥質問への回答➥学び」といったシリーズなどが見受けられます。 多くのいいねやコメントを集めているショート動画を参考に定番のストーリー構成を考えてみてください。

参考:YouTube ショートの利用を開始する

YouTubeのショート動画の投稿方法

今回はパソコンからのYouTubeのショート動画の投稿方法を解説していきます。チャンネル登録者が0人であっても、投稿可能です。

① YouTubeにログインし、画面左上の「作成」ボタンをクリックし、投稿したい動画をアップロードします。

② 動画の詳細を入力する画面が表示されます。

タイトルを入力する欄に動画のタイトルを入力してください。
タイトルの後に半角スペースを開け、「#Shorts」と入力すればショート動画として認識されます。

YouTubeショート動画

まとめ

YouTubeのショート動画について解説しました。

ショート動画を上手く活用し、再生回数やチャンネル登録者数を増やしていきましょう。

企業のYouTubeを現在運営されている方や、マーケティング用の動画を制作している方は「SNS動画の規格・サイズ一覧表」をダウンロードくださいませ。
YouTube含め、各SNS毎に異なる動画の規格を一覧でまとめております。