記事一覧へ

インスタグラムのリール|知っておくべき活用のコツやメリットとは?

| | |

リール活用ogp

豊富なテンプレ×パワポ感覚で誰でも動画が作れるツール動画は時間とお金をかけて作るものと考えてませんか?
大切なのは「PDCAを回すスピード」と「目的に合わせて複数パターンの動画を用意すること」です。 そのためには以下を押さえる必要がございます。

◆簡単操作で動画の制作・修正ができる
◆目的や媒体に合わせた動画を作るノウハウ

LetroStudioは「豊富なテンプレート×パワポ感覚」で未経験でも簡単に動画が作れるツールです。動画マーケティングに精通したコンサルタントが専任で支援します。
マーケティング担当者の考える目的に沿う動画活用をご支援します。

「LetroStudio」について知る

動画でサクッと理解

インスタグラムのリールとは

インスタグラムのリールは最大60秒の縦動画の投稿・視聴ができる機能です。
スマートフォンの画面いっぱいに動画が表示され、スクロールすると次の動画が再生されます。

以前は15~30秒の長さまでしか投稿できませんでしたが、2021年8月にアップデートされ60秒まで投稿できるようになりました。

ユーザーはじっくりと1本の動画を探すというよりも、隙間時間に次々と効率よく動画を探します。通常の投稿と同じく「いいね」や「コメント」機能がついており、プロフィール画面に行かずにフォローすることも可能です。

リールを視聴しただけでは足跡 (視聴した履歴)はつかず、「いいね」「コメント」をしたアカウントの確認はできます。

下の画像はリールの投稿画面です。

左側にアイコンが5つ並んでおり、「音楽」「長さ (15秒か30秒か)」「動画の速さ (5倍まで選択可)」「エフェクト (フィルターやAR機能など)」「タッチアップ (明るさ)」「タイマー」を調節できます。

リールのスクリーンショット

リールはどこに表示されるのか

リールが表示される場所は主に「リール専用タブ」「発見タブ」「プロフィール画面のリールタブ」「フィード」の4箇所です。

新機能ということで、リール専用タブがまだ有効になっていないアカウントもあります。随時アップデートされることが予測されます。

リールが15秒以下の場合、ストーリーズにもリール動画を共有することが可能です。

リールが表示される場所

インスタグラムの最新アップデート情報

インスタグラムは、15分以下の動画をアップロードした際に、リールにも表示されるようになるアップデートのテストを現在行っています。

このテストが実施されているのは日本とインドネシアで、スタンプやテキストなどリールの編集機能も使えるようになります。

このことから、リールに限らず、動画コンテンツの投稿・利用を媒体側が推進していることが考えられます。動画は伝えられる情報量が多いため、アカウントの雰囲気をより知ってもらいやすくなります。

ストーリーズとの違い

ストーリーズは24時間で消える縦型の動画で、60秒の動画を最大15秒ずつに分けて投稿できます。

ストーリーズタブにはフォローしているユーザーの投稿しか表示されませんが、リールはフォロー/フォロワー関係なく、ランダムに動画が表示されます。

ストーリーズは「フォロワーとのコミュニケーションツール」、リールは「自身のコンテンツをより多くの人に知ってもらうためのツール」という立ち位置です。

TikTokとの違い

TikTokはアプリを開いた瞬間に縦動画が表示されるのに対して、インスタグラムではリールタブを開かなければ表示されません。 ターゲット層や動画に対してのユーザーのアクションも異なります。

TikTokは比較的10代のユーザー層が多く、フォローや他SNSに遷移するといったアクションに限られます。

対してインスタグラムでは、20代~40代のユーザーが多く、アプリ内で商品の購入にまでつなげることが可能です。

YouTubeショートとの違い

YouTubeにも縦動画を楽しめる「ショート」という機能が追加されました。

YouTubeショートとインスタグラムのリールは最大60秒まで投稿できる点が共通しています。

一方、年代別の利用率が大きく異なります。インスタグラムの利用率が高い年代は10代63.4%、20代64%と若年層であるのに対して、YouTubeはどの年代でも利用率が高く、10~40代で8割以上の利用率です。

YouTubeは動画を見ることを前提に開くアプリであるのに対して、インスタグラムは「友達の投稿を見る」「ストーリーズの新しい更新を見る」「発見タブで興味のあるコンテンツを探す」「流行りのレストランを探す」など動機が様々であり、動画を見るために開くアプリではありません。

YouTubeのショートについて、一番読まれているおすすめ記事はこちらです。

【2021年度最新版】YouTubeのショート動画とは?メリットやコツも解説!

知っておくべきリール活用4つのコツ

① 人気の音楽を使う

リールでは、動画内に使われた音源から、同じ音源を使った他の動画を探しにいくことが可能です。人気の音楽を使うことで、その音楽から動画をさがしているユーザーに動画を見てもらいやすくなります。

② 動画のテンポを速くする

再生回数の多い動画の共通点として、動画を早送りにしてテンポを速くしていることが挙げられます。特に不動産の内見や店舗までの道案内、レシピ紹介の場合、最初の数秒のシーンだけでは動画の内容が伝わりません。

リールをインスタグラムのアプリから撮影して投稿する場合、あらかじめ動画の早送り設定が可能です。

事前に撮影した動画をアップロードする際も動画の速度を調節し、「つい最後まで見たくなる動画作り」を心がけましょう。

③ 最初の1~3秒で興味喚起する

リールでは最初の数秒で動画の内容が判断されます。

冒頭でユーザーの興味を引くことが出来ない場合、次の動画へとスクロールされます。

「寝る前の〇分でできる保湿方法」や「〇〇駅5分の一人暮らしマンション」といった風に、最初の1~3秒で動画のタイトルや動画で伝えたい内容を簡潔に伝えるのがおすすめです。

④ ストーリーズとフィードにシェアする

リールをストーリーズとフィードにシェアすることで、リールを普段見ないフォロワーにも動画を見てもらえます。 フィードにシェアする際はカバー画像も設定しましょう。

カバー画像とは動画の表紙を指し、動画内のワンシーンやカメラフォルダから選択可能です。カバー画像を設定すると、プロフィールに訪れたユーザーにリールを再生してもらいやすくなります。

企業アカウントのリール活用例

①北欧、暮らしの道具展 / 株式会社クラシコム

北欧暮らしの道具展インスタグラムリール
@hokuoh_kurashi|instagram

「フィットする暮らし、つくろう」をミッションに、北欧雑貨やオリジナルブランドのインテリアを取り扱う「北欧、暮らしの道具展」の公式アカウントのリール投稿です。

約14万人にリーチしており、いいねも1,000件以上付いています。

「スタッフの愛用品」というタイトルで始まり、ネイルカラーの紹介をしています。

ゆったりとした音楽ですが、シーンの切り替わりは1~2秒のため、飽きずに見ることができます。
「商品 (愛用品)の紹介→その愛用品を使うシーン→完成」という流れで動画が進み、「次の展開が気になる」構成となっている点が特徴です。

②ホットペッパービューティーコスメ【公式】/ 株式会社リクルート

ホットペッパービューティインスタグラムリール
@hotpepperbeauty_cosme|instagram

コスメアプリHOT PEPPER Beauty cosmeの公式インスタグラムのリール投稿で、約21万人にリーチし、700件以上のいいねが付いています。

先ほどの「北欧、暮らしの道具展」とは異なり、フレームの中に動画を配置している点が特徴的です。

「1日中ぱっちり!最強まつ毛How to」という文言を上部に常に表示させることで、何についての動画なのかが伝わり、ターゲットとなるユーザーに動画を最後まで再生してもらいやすくなります。
他のリール投稿も同じようなフレームを起用しており、アカウントに統一感があります。

動画だけでなくテロップでも説明しているため、内容も分かりやすいです。

音楽を使用していないのは、マナーモードでインスタグラムを利用しているユーザーを想定しているからだと考えられます。

リールの活用を検討している担当者の方向けに、公式アカウントのリール活用事例をこちらにまとめました。

【SNS運用者必見!】企業のインスタグラムのリール活用事例4選

リールを使うメリット

フォロワーが増えやすい

リールを使うとフォロワーが増えやすい理由は「リールが表示される場所の増加」「フォロワー以外にも動画を届けられる」という2つです。

リールは2020年8月にリリースされたばかりの機能ということもあり、インスタグラム側もユーザーに使用を促しています。

その一環として、発見タブを開くとリールが大きく表示されているほか、リール専用タブまで追加されています。

より多くの場所に動画が表示されることで、アカウントに興味をもってもらえる確率も高くなり、フォロワー増加が期待できます。

フォロワー以外に動画を届けられる点も重要です。

インスタグラムはTwitterなどの他SNSと異なり、リツイートなどのシェア機能がないSNSです。そのため、フォロワー以外に投稿を見てもらうには、以下の手法が一般的でした。

  • ① 「#〇〇 (ハッシュタグ)」検索で上位に表示される
  • ② 発見タブに表示されるための工夫をする
  • ③ YouTubeやTwitterなどの他SNSからの流入を狙う

リールは、各ユーザーのフォローしているアカウントの属性やいいね・コメントしている投稿の傾向を元に、フォロー・フォロワー関係なくランダムに動画を表示させます。

現時点でのフォロワーが少なく、フィード投稿にいいねがつきにくかったとしても、リール動画の内容次第で一気にフォロワーを増やすことも可能です。

まとめ

インスタグラムのリールについて、活用のコツやメリットについて解説しました。

リールはフォロワー以外にも投稿を届けられる分、最初の数秒で「何についての動画か」が分からなければ、すぐにスクロールされます。

秒数も15秒~30秒と短いため、伝えたい内容をまとめて、リールに適した動画を制作しましょう。