記事一覧へ

【2020年度最新版】YouTube動画広告の規格・特徴まとめ

| | |

見出しを追加 (2)

こんにちは!LetroStudioの塚本です。

今や日常生活にかかせないYouTubeの月間ログインユーザー数は、全世界で20億人を超えています。世界の人口77億人のうち、約3分の1の人がYouTubeに毎月アクセスしていることとなり、影響力は図り知れません。
今回は、YouTubeの動画広告の種類や規格についてまとめました。

まず、YouTubeの動画広告は大きく3つのタイプに分かれます。

1:スキップ可のTrue Viewインストリーム広告
2:スキップ不可のTrue Viewインストリーム広告
3:バンパー広告
※インストリームとは、動画が始まる前や中間、終了後等の各タイミングで表示される広告です。

youtubeOGP
画像引用:動画を活用したマーケティング施策について、よくある質問10個に答えてみた!【マーケティング施策の「あるある」一問一答】

上記の表に基づいて、それぞれの規定や特徴を説明していきます。

1:スキップ可のTrue Viewインストリーム広告

youtubead1
画像引用:『YouTube の広告フォーマット

動画の長さ:最長6分(15~60秒程度推奨)
推奨アスペクト比:16:9もしくは9:16
推奨解像度:720pt以上

動画の広告が5秒流れた後、ユーザーはその広告をスキップするかどうか選ぶことができます。
開始5秒でユーザーに興味を持ってもらえるかが勝負になってきます。

2:スキップ不可のTrue Viewインストリーム広告

youtubead2
画像引用:『YouTube の広告フォーマット

動画の長さ:15秒
推奨アスペクト比:16:9もしくは9:16
推奨解像度:720pt以上

スキップされないため、広告を最後までユーザーに見せることができるメリットが大きい一方、動画の始まりや途中、終盤で流れるため、マイナスな印象を持たれるリスクがあります。

3:バンパー広告

youtubead2
画像引用:『YouTube の広告フォーマット

動画の長さ:6秒
推奨アスペクト比:16:9もしくは9:16
推奨解像度:720pt以上

スキップ不可ですが、最長6秒の動画を最後まで見てもらうことができるため、
その6秒の訴求力が問われます。また、6秒なのでユーザーも大きな負担を感じずに、動画を最後まで見ることができます。

上記三つとも、アップロードする際に推奨されているファイル形式はMP4です。
コーデック(ファイル圧縮・展開の形式)等の細かいところに関しては、YouTubeに動画をアップロードできれば問題ありません。
参考:運用型広告で使える、動画広告フォーマットと入稿規定まとめ|アナグラムブログ

以上、YouTube広告の規格でした!
YouTubeはInstagramと異なり、横型(16:9)の動画広告が使われます。

LetroStudioでは各媒体のアスペクト比や規格に合わせた動画を簡単に作成することが可能です!もちろんYouTubeの動画広告にもお使いいただけるので、ぜひ一度体験してみてください。

アライドアーキテクツ 塚本

記事担当:塚本 航大(つかもとこうだい)
暇さえあればYouTubeを見ているほどYouTubeが好きで、おすすめYouTuberは「サラタメさん」です!Letro Studioのテンプレートも実際のYouTube広告から着想を得ていて、今後も更にYouTubeの知見をためていきたいと思っています!