<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=2164964817105751&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

記事一覧へ

インスタグラムモニターの口コミとアンケート結果を「商品開発や取引先との商談」に積極活用中!【プラスチック家庭用品総合メーカー /株式会社小森樹脂】

消費者ニーズに応えた利便性・機能性・デザイン性の高いお弁当箱がモニターに大人気!モニプラファンブログ(以下モニログ)を通じて、大変良質な口コミの収集に成功している株式会社小森樹脂様に、口コミの活用方法や今後の展望などを伺いました。

株式会社小森樹脂 インタビュー画像株式会社小森樹脂 営業部 笠井嗣夫様

Topics

機能性の高い「お弁当箱」をSNSで広めたい!

-まずは御社の商品の概要と、モニログをご導入いただいた理由を教えてください。

株式会社小森樹脂は、1971年創業のプラスチック家庭用品総合メーカーです。創業当初は樹脂製の箸・箸箱の製造販売からスタートしました。その後、TVキャラクター等の版権を取得し、現在は仮面ライダー・戦隊・プリキュア等の子供用ランチグッズを製造販売しております。

また、大人用弁当箱の開発にも注力中で、フタがドーム型でおかずを潰さずにふんわり盛り付けをキープできる『ドーム型弁当箱』を開発→発売、現在大ヒット商品となっております。数々のマスメディアにも取り上げていただいており、大変高い評価をいただいております。

小森樹脂 「アウトドアライフ」紹介
デザイン性と機能性を兼ね備えた各種お弁当箱が人気沸騰!数々のマスメディアにも取り上げられている。

モニログ導入のきっかけは、モニログの営業のご担当者様がたまたま展示会で弊社出展ブースにいらしてくださったことです。ちょうどその頃、私自身が個人的な趣味でインスタグラムを活用し自社製品の情報拡散をしており、SNSでの「生の声」、「いいね」♡がたまらなく嬉しく、インスタを見ることが生活の一部になっていました。まさにタイムリーに私の♡に飛び込まれてきましたね。

それから弊社の行動理念である 、①不易流行(ふえきりゅうこう)時代の変化に応じて「変えるべき事」「変えてはならない事」をしっかりと見極め、変化を楽しむこと、②不言実行(ふげんじっこう)まずは実行してみること!失敗を恐れるより現状維持を恐れること、に基づきSNS施策に取り組んでいく事を決め、モニログを導入することにしました。

モニターの口コミを取引先との商談に積極活用中

-モニログ導入後、とても良質な口コミを多数生成することに成功していらっしゃいますね。集まった口コミは具体的にどのように活用しているのでしょうか?

弊社の商品は全て、お取引先の通販サイトや小売店様などを通じて販売しております。消費者の方に直接販売する、直営店舗やオンラインショップは持っておりません。

モニターの方がInstagramに投稿してくださった口コミは、お取引先との商談に積極的に活用しております。「弊社のお弁当箱を、今消費者の方はこんな風に使ってくださっていますよ」と、実際の写真をお見せすると、お取引先の方にも販売のイメージを持っていただきやすく、大変助かっています。

「アウトドアライフ UGC」実際にお弁当箱を使っている様子の写真がInstagramに多数アップされている。

モニターからのアンケート結果を商品開発の参考に

-その他、モニログの活用例があれば教えてください。

弊社ではイベント開催時にモニターの方からアンケートを取得しており、そこで得られた結果を、現在社内の商品開発の際に参考にしています。

従来は、消費者の声を聴く方法として、お取引先の通販サイトに寄せられたレビューを一つ一つ確認するしかなく、大変時間がかかっていました。また、それらのレビューを手作業で集計していたため、なかなか「データ」として蓄積するのが難しく、消費者の声を「肌感覚」で掴むしかないという課題もあったと思います。

一方で、モニログのアンケート機能を使えば、大変効率的に消費者の声を集め、あっという間にそれらの結果を集計することが可能です。データに基づいた商品開発企画ができるようになってきたと感じており、とても有難い機能だなと思っています。モニログのアンケート機能、社内での評判もとても良いですよ。

今後もより幅広くモニログの活用を推進したい

-これからモニログを通じて実施してみたいことなど、今後の展望を教えてください。

モニログの導入から約1年経過し、おかげさまで良い口コミが多数集まってきましたので、今後は、取引先への商談時のみならず、自社ホームページやPR面などでも、幅広く活用していきたいと思っています。

また、アンケート機能についても、弊社内で商品開発の参考として利用するだけでなく、取引先への商談時に、「今消費者からはこんなポイントを評価いただいていますよ」「こんなお弁当箱が求められているんですよ」と説明する材料としても活用してみたいです。

モニログに出店している企業様とのコラボにも大変興味があります!例えば食品の企業さんと一緒にコラボしたイベントが実施できたら、大変面白いですね。

今後も、モニログの様々な活用方法を模索しながら、多くの方に弊社の商品を手に取っていただけるような商品開発と、一歩先のトレンドリーダーを目指していきたいと思います。

株式会社小森樹脂 営業部 笠井嗣夫様 商品紹介

あわせて読みたい記事:
ハッシュタグキャンペーンを盛り上げるための5つのポイント【企業のインスタグラム活用術】

ファンの口コミでじわじわと拡大、今や日本全国&海外にも展開中!【くりーむパンの八天堂】が語る、これからのファンマーケティングとは?