今や月間アクティブユーザー数が全世界で10億人、日本でも3,300万人を誇り、幅広い性別・年代のユーザーに活発に利用されるInstagram。
「インスタ映え」という言葉に代表されるように「憧れ」の世界を共有できるSNSとして利用されていましたが、今では、若い女性だけに限らず、あらゆるユーザー層にとっての「生活に必要な情報を得るための場所」として機能し始めています。

本資料では、このような背景において、企業がどのような心構えでInstagramに向き合うべきかを整理しました。また、具体的な取り組み施策として、企業の「サポーター」作り、つまり「サポー ター」に応援・協力してもらいながらInstagramのマーケティングに取り組む方法と、その事例をご紹介しています。