ロゴ白抜き-removebg (3)

【従来比9倍の成果!】大手外食チェーン「デニーズ(Denny's)」 春の集客プロモーションにTwitterプロモーションツール「echoes Coupon」を活用、キャンペーン当選ユーザーの68% の店舗送客を実現!

株式会社セブン&アイ・フードシステムズが運営する大手外食チェーン「デニーズ(Denny's)」は、春の集客プロモーションにTwitterキャンペーンを実施しました。

「ハンバーグ王決定戦2019春」にTwitterインスタントウィン・オートリプライ形式プロモーションツール「echoes Coupon」を活用し、キャンペーン参加者に「ハンバーグが割引で食べられるクーポン」を配布。Twitter上で大きな話題となるだけでなく、キャンペーン当選ユーザーの68もの店舗送客に成功しました。

今回は本施策の内容を詳しくご紹介します。

ogp (1)

echoes Coupon」を利用、オートリプライ・インスタントウィン型のTwitterキャンペーンを実施

デニーズは、2019年春の集客プロモーション「ハンバーグ王決定戦2019春」を実施、デニーズの公式Twitterアカウントをフォローし、該当のツイートをリツイート(RT)した人の中から1,260名に「45円でハンバーグが食べられるクーポン」をDMでプレゼント、落選しても「ハンバーグ50円引きクーポン」をリプライでプレゼントしました。

キャンペーンの実施には、Twitterプロモーションツール「echoes Coupon」を活用。ユーザーがフォロー&RTを使用して参加後、その場ですぐに当落が分かるオートリプライ・インスタントウィン形式のキャンペーンにし、また外れた人は翌日以降何度でも再参加できる仕組みにしました。

<キャンペーンの仕組み>

  • ユーザーがデニーズの公式アカウントをフォローし、対象の投稿(※1)をリツイートしてキャンペーンに参加する
  • 当落のリプライが自動でユーザーに届く
    (当選の場合)ダイレクトメッセージで「消込型のデジタルクーポン」が届く
    (落選の場合)リプライで「画像のクーポン」が届く(はずれのクーポンは画面を見せることで利用可能なクーポンであり、誰でも何度でも使えることを想定)。キャンペーン期間中、落選者は新しいリツイートで何度でもキャンペーンに参加が可能。
    (※1)「echoes Coupon」機能により、キャンペーン期間中、リツイート対象の投稿は毎日自動でツイートされるimg1
  • 当選者には自動的にダイレクトメッセージでクーポンURLが送付される
  • 当選者はダイレクトメッセージ内のURLを開くと、消込型クーポンが利用できる
    (店頭にて)クーポンURLを開いて画面を店員に提示、店員は画面を確認し「確認ボタン」をスワイプすることでクーポンが消込(※2)される

    (※2)一度消込されたクーポンを使用不可とすることで、ユーザーの不正使用(複数回の利用や他者への転売等)を防止。
    また、「echoes Coupon」の機能により、クーポン数を把握できるため、クーポンの利用率を正確に計測できる。
    img2

キャンペーン当選ユーザーの68%もの店舗送客を実現

本キャンペーンは大変話題となり、Twitter上での総リツイート数(キャンペーン参加数)は約20万、キャンペーン期間中の総インプレッション数は約1,041万にものぼりました。また、フォロワー数も約18,000名増加し、キャンペーン後もTwitterユーザーと繋がりを持つことに成功しました。

さらに、本キャンペーンはTwitter上での認知を最大化しただけでなく、実際の店舗での売上にも貢献。キャンペーン当選ユーザーの68%もの店舗送客を実現しました。

img3 (1)

本キャンペーンの成功の3つの理由

 上図の通り、echoes Coupon」を活用した本キャンペーンは、従来型の「フォロー&RT」キャンペーンに比較し、総リツイート数約9倍、総インプレッション数約4倍もの大きな成果を上げています。それはなぜでしょうか?主な理由が以下3点と考えられます。

1.「echoes RT」のオートリプライ・インスタントウィンの仕組みを活用することで、参加から来店までのユーザーの熱量を保持

フォロー&RTすると、その場で当落が分かり、当選の翌日にはクーポンが届く仕組みとすることで、ユーザー側のキャンペーンへの熱量が高いうちに、コミュニケーションを最大化することに成功。

2.「echoes RT」の毎日参加型キャンペーンの仕組みを活用することで、拡散を最大化 

抽選に外れても、キャンペーン期間中であれば、毎日新しいツイートでユーザーがキャンペーンに参加可能な形式にしたことで、Twitter上での拡散を促進し、ユーザーへのアテンション(インプレッション)最大化を実現。 

image07

3.「echoes Coupon」の(不正が防止できる)消込型クーポンの仕組みを活用することで、引きのあるインセンティブが提供可能に

 配布された当選クーポンは消込型のクーポンであり、不正が出来ず、一回しか利用できない仕様のため、「45円でハンバーグが食べられるクーポン」という引きの強い内容で、インセンティブの提供が可能に。それによりさらに拡散が促進された。

株式会社セブン&アイ・フードシステムズ ご担当者様の声

幅広い層のお客様に来店いただくレストラン「デニーズ」の商品のなかでも、ハンバーグは人気のカテゴリーのひとつです。20193月に実施した「ハンバーグ王決定戦2019春」では、その魅力をどうすれば多くのお客様に知っていただけるか、また店舗へご来店いただけるか、をプロモーションの主眼としました。その中で、「Twitter」を始めとするSNSの瞬発力と拡散力に期待をし、今回のインスタントウィンキャンペーンを実施しました。 

記事内記述のとおり、これまでの想定を大きく上回るインプレッションと総リツイート数を獲得できたことは、驚きとともに非常に嬉しく感じています。

これまでSNSに関する広告やキャンペーンで課題となっていた来店計測や、高いインセンティブのクーポンに対する不正利用の防止という点で、今回ご準備いただいた「echoes Coupon」の消込型クーポンは、大きな役割をしていただけたと考えています。

また、今回の当選クーポン「ハンバーグを45円で食べられるクーポン」については、その内容・魅力度から一定の利用(来店)は見込んでいましたが、68%もの利用率を実現したのは、当選者の中で、まだクーポンを利用していないユーザーに対してリマインドメッセージを送っていただいたことも大きな要因だと感じています。実際、リマインドに反応し、クーポン有効期限直前にご来店いただけた当選者も多くいらっしゃいました。

今回のキャンペーンでSNSならではの情報拡散力と、高い確率で店舗へ送客できる可能性にふれ、今後もお客様とコミュニケーションを取りながらキャンペーンを実施出来ればと考えています。

echoes ebook 02

Twitter担当者必携!ノウハウBOOK
2019年最新版 Twitterプロモーション厳選事例8選

  • 今こそ!企業がTwitterプロモーションに注目すべき3つの理由
  • Twitter最新型プロモーション「オートリプライ・インスタントウィン形式プロモーションとは?」
  • 効果的なTwitterプロモーション設計に必要な3つのポイント
  • 圧倒的な成果に繋がったTwitterプロモーション事例8選

フォームに必要項目をご入力し
「送信してダウンロードへ」をクリックください。
資料のダウンロードが可能となります。