<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=2164964817105751&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

企業名1

記事一覧へ

困ったときはファンに聞く!生活者の声をデータベース化、商品開発に活かす【株式会社ドリーム】

ogp

サマリー

  • ・アンケートや座談会を行い、商品体験者の声を収集
  • ・商品体験者の声をデータべース化し全社共有、商品の起案~開発、改良までフル活用
  • ・商品だけでなく、ブランドや会社を好きになってくれるファンを全国に獲得

困ったときはファンに聞く!ファンの声をデータベース化し、全社で活用

-モニプラファンブログを導入した目的や、導入前の課題だったことを教えてください。

弊社は、専門家の方々と共同で美容、健康、アイデア雑貨を開発・製造する通販メーカーで、これまで1,200アイテム超える商品を企画・開発してきました。お客様の生活を豊かにする商品や、かゆい所に手が届くような商品の提供を目指しており、そのような商品作りに欠かせないのが、「お客様の声」です。

以前は、自社でアンケートやモニター募集を行い、それをもとに商品開発を行っていましたが、回答者が思うように集まらなかったり、お答えいただく方の属性が偏ってしまったりする課題がありました。そこで、より安定的に、より幅広い属性の方の声をを収集するべく「モニプラファンブログ(モニログ)」を導入しました。

-行った施策の内容を教えてください。

モニログを開始した2012年から、ほぼ毎月モニログのユーザーさんに健康や美容のお悩みに関することや、商品のデザインに関することなど、様々なことをお聞きするアンケートを実施しています。

image1
モニプラファンブログ内 株式会社ドリームファンサイト

こうして得られたたくさんのモニログユーザーさんの声は、全社でアクセス可能なデータとして蓄積しています。他部署から「○○についてのアンケート結果はないか」と聞かれると、データベースを調べれば、すぐに見つけられるようになっています。ユーザーの皆さんの貴重な声は、商品企画や商品改善、販売促進まで多くの部署で活用しております。

アンケートや座談会で特定の層の方からピンポイントで意見を収集

モニログで生活者の声を聞く際に意識しているのは、ただアンケートを取るのではなく、目的に合わせて、特定の属性の方にピンポイントでアプローチすることです。

モニログでは「ワーキングママで料理に対する苦手意識のある方」、「ペットを飼っていて防災に興味がある方」など、詳しいセグメントに分けた方と繋がることができます。通常のアンケート調査では得られない "その方々特有の視点" からの意見を収集できるので、新商品のアイデアや開発に活かすことができています。

一人一人とコミュニケーションを取ることで、全国にサポーターを獲得

-モニログを導入したことで得られた成果または結果を教えてください。

生活者の声を商品作りに活かすだけでなく、そうした生活者の声を聞く活動を通じて、全国に弊社を応援いただけるサポーターの方を作ることができたと思っています。

モニログは、過去のモニター応募者が「ファン」として自社のページに蓄積していく仕組みになっています。弊社では、過去の応募者に答えていただいたアンケート結果をもとに、ファンの方を属性別に分けて管理しています。

属性に応じてメールで新商品のお知らせやモニター募集の告知を行っており、それによって、より商品やブランドに興味を持っていただけているという実感があります。

ドリーム 代表商品 株式会社ドリーム 最近の代表商品

-今後の展望を教えてください。

今後も、アンケートや座談会、また個別のコミュニケーションを通じて、引き続きモニログのユーザーの皆様に意見を頂戴しながら、よりお客様に寄り添った商品企画・開発を行っていきたいと思います。同時に、少しでも当社の商品やブランドを好きになってくださる方を増やし、皆様と共に成長できるブランドを目指していきたいです。